書誌事項

漢字と日本人

高島俊男著

(文春新書, 198)

文藝春秋, 2001.10

タイトル読み

カンジ ト ニホンジン

大学図書館所蔵 件 / 348

内容説明・目次

内容説明

「カテーの問題」と言われたら、その「カテー」が家庭か假定かあるいは課程か、日本人は文脈から瞬時に判断する。無意識のうちに該当する漢字を思い浮かべながら…。あたりまえのようでいて、これはじつは奇妙なことなのだ。本来、言語の実体は音声である。しかるに日本語では文字が言語の実体であり、漢字に結びつけないと意味が確定しない。では、なぜこのような顛倒が生じたのか?漢字と日本語の歴史をたどりながら、その謎を解きあかす。

目次

  • 第1章 漢字がやってきた(カテーの問題;世界でたったひとつの文字;漢語とはどういう言語か;不器用な日本人)
  • 第2章 日本人は漢字をこう加工した(訓よみとかな;日本語の素姓;漢字崇拝という愚)
  • 第3章 明治以後(新語の洪水;翻訳語—日本と中国;顛倒した言語—日本語;「歴史」と「進歩」)
  • 第4章 国語改革四十年(漢字をやめようという運動;国語改革とは何だったのか;当用漢字の字体;新村出の痛憤)
  • 終章 やっかいな重荷

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ