書誌事項

青年ルター

E.H.エリクソン [著] ; 西平直訳

みすず書房, 2002.8-2003.10

  • 1
  • 2

タイトル別名

Young man Luther : a study in psychoanalysis and history

タイトル読み

セイネン ルター

大学図書館所蔵 件 / 231

注記

1: 序-第4章. 2: 第5章-第8章

内容説明・目次

巻冊次

1 ISBN 9784622039723

内容説明

内に秘めた創造性をのちにみごとに花開かせたルターにとって、青年期はいかなる意味を持ったのか?ルターを通じて青年の自我に内在する回復力を論じる。

目次

  • 第1章 症例と事件—研究の方法論(サイコヒストリーの方法論—臨床的方法とその拡大;方法としての精神分析 ほか)
  • 第2章 聖歌隊での発作—発作というひとつの事件をめぐる多様な解釈(修道士マルチンの発作—その多様な解釈;四つの異なるルター像—先行研究の検討 ほか)
  • 第3章 服従 しかし誰に—幼年期・学校・修道院に入るまで(幼年期;学校と大学 ほか)
  • 第4章 すべてか無か—理論的な中間考察(アイデンティティの混乱という視点;アドルフ・ヒトラーの青年時代—すべてか無か ほか)
巻冊次

2 ISBN 9784622039730

内容説明

若き偉人であると同時に後に大規模な破壊者となる病める青年。マルチン・ルターの葛藤と危機を、歴史・宗教・精神分析・ライフサイクル研究の諸相から読む。

目次

  • 第5章 最初のミサと行き詰まり—修道院の生活とその葛藤(修道士マルチン;病める青年—偉大な人物の大きな葛藤 ほか)
  • 第6章 「本気になること」の意味—中世キリスト教界とルター神学(ローマへの旅行—マルチンにとってのルネサンス;中世の思想状況—いくつかの世界観=価値観 ほか)
  • 第7章 信仰と怒り—宗教改革とその後の精神的危機(宗教改革と農民戦争;鬱・尻・悪魔)
  • 第8章 エピローグ—理論的整理(ルターとフロイトの対比;ライフサイクルにおける危機 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA58389732
  • ISBN
    • 4622039729
    • 4622039737
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ