書誌事項

生物から見た世界

ユクスキュル, クリサート著 ; 日高敏隆, 羽田節子訳

(岩波文庫, 青(33)-943-1)

岩波書店, 2005.6

タイトル別名

Streifzüge durch die Umwelten von Tieren und Menschen

Streifzüge durch die Umwelten von Tieren und Menschen : ein Bliderbuch unsichtbarer Welten

動物と人間の環世界への散歩 : 見えない世界の絵本

タイトル読み

セイブツ カラ ミタ セカイ

大学図書館所蔵 件 / 390

注記

原著 (1934 ; 1970)の全訳

底本: 「人間の条件 (Conditio humana) 」叢書に再録された1970年版 (S. フィッシャー社)

内容説明・目次

内容説明

甲虫の羽音とチョウの舞う、花咲く野原へ出かけよう。生物たちが独自の知覚と行動でつくりだす“環世界”の多様さ。この本は動物の感覚から知覚へ、行動への作用を探り、生き物の世界像を知る旅にいざなう。行動は刺激に対する物理反応ではなく、環世界あってのものだと唱えた最初の人ユクスキュルの、今なお新鮮な科学の古典。

目次

  • 環境と環世界
  • 環世界の諸空間
  • 最遠平面
  • 知覚時間
  • 単純な環世界
  • 知覚標識としての形と運動
  • 目的と設計
  • 知覚像と作用像
  • なじみの道
  • 家と故郷
  • 仲間
  • 探索像と探索トーン
  • 魔術的環世界
  • 同じ主体が異なる環世界で客体となる場合

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ