近くて遠い中国語 : 日本人のカンちがい

書誌事項

近くて遠い中国語 : 日本人のカンちがい

阿辻哲次著

(中公新書, 1880)

中央公論新社, 2007.1

タイトル別名

近くて遠い中国語

タイトル読み

チカクテ トオイ チュウゴクゴ : ニホンジン ノ カンチガイ

大学図書館所蔵 件 / 315

注記

現代中国における漢字簡略化のあゆみ: p210-211

内容説明・目次

内容説明

中国旅行では、たとえ会話はできなくても筆談すればなんとか通じると、多くの日本人は考える。しかし、現実はそんなに甘くない。日本人が習ってきた漢文と中国語とはまったく別の言葉なのだ。たとえば「小面包」という単語は、漢文の知識では理解不能である。中国語と漢文と日本語との間によこたわる、漢字の違い、単語の違い、用法の違い、文法の違いをやさしく解説し、知っているようで知らないリアルな中国語を紹介。

目次

  • 第1章 大学の中国語
  • 第2章 中国語はどのような言語か
  • 第3章 簡体字と繁体字
  • 第4章 中国人と筆談は可能か
  • 第5章 中国語の発音について
  • 第6章 中国語は「見たらわかる」か?—『人民日報』を読んでみる

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA80248000
  • ISBN
    • 9784121018809
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpnchi
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 214p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ