書誌事項

高齢者心理学

権藤恭之編

(朝倉心理学講座 / 海保博之監修, 15)

朝倉書店, 2008.1

タイトル読み

コウレイシャ シンリガク

大学図書館所蔵 件 / 452

注記

研究ガイド:高齢者心理学を学ぶ人のために: p[202]-208

文献: 各章末および節末

内容説明・目次

内容説明

総論、各論の2部構成。総論においては、高齢者の置かれた状況や、高齢者心理学研究の現状を概観できるようにした。各論においては、新しい知見を紹介しつつ領域ごとの知識を提供し、現在の研究動向が理解できるようにしている。

目次

  • 第1部 総論:高齢者心理学の基礎(高齢者と加齢をめぐる心理学的考察の歴史と展望;生物学的加齢と心理加齢;高齢者を取り巻く社会的環境)
  • 第2部 各論:高齢者心理学の展開(注意;記憶;知能、知恵、創造性;情動・感情と幸福感;性格;高齢期の社会関係;臨床:高齢期の心理的問題;臨床:心理的介入法—臨床的介入の実際)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ