はじめて学ぶ生命倫理 : 「いのち」は誰が決めるのか

書誌事項

はじめて学ぶ生命倫理 : 「いのち」は誰が決めるのか

小林亜津子著

(ちくまプリマー新書, 167)

筑摩書房, 2011.10

タイトル別名

はじめて学ぶ生命倫理 : いのちは誰が決めるのか

タイトル読み

ハジメテ マナブ セイメイ リンリ : イノチ ワ ダレ ガ キメルノカ

大学図書館所蔵 件 / 336

注記

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

医療が高度に発達した現在、自分の生命の決定権を持つのは、自分自身?医療者?家族?それとも法律?生命倫理学が積み重ねてきた、いのちの判断をめぐる「対話」に、あなたも参加してみませんか。

目次

  • 第1章 いのちの「終わり」は誰が決めるのか
  • 第2章 子どもの医療は誰が決めるのか
  • 第3章 判断能力は誰が決めるのか
  • 第4章 いのちの「質」は誰が決めるのか
  • 第5章 双子の生死は誰が決めるのか
  • 第6章 いのちの「優先順位」は誰が決めるのか
  • 第7章 いのちの「始まり」は誰が決めるのか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB06933274
  • ISBN
    • 9784480688682
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    191p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ