海洋プラスチック汚染 : 「プラなし」博士、ごみを語る

書誌事項

海洋プラスチック汚染 : 「プラなし」博士、ごみを語る

中嶋亮太著

(岩波科学ライブラリー, 288)

岩波書店, 2019.9

タイトル別名

海洋プラスチック汚染 : プラなし博士ごみを語る

タイトル読み

カイヨウ プラスチック オセン : 「プラ ナシ」ハカセ、ゴミ オ カタル

大学図書館所蔵 件 / 391

注記

参考文献: 巻末p1-13

内容説明・目次

内容説明

待ったなしの危機「プラごみ問題」。とりわけ海の汚染は深刻だ。一刻の猶予も許されないなかで、科学者たちの取り組みにより少しずつ問題の姿が現れてきた。なぜ生きものたちはプラスチックを食べるのか。軽いプラスチックがなぜ深海底にたまるのか。生分解性プラスチックなら問題は解決するのか…。海洋研究開発機構研究員にしてWEBサイト「プラなし生活」運営人でもある若手海洋学者が、現状と問題を整理するとともに研究状況をわかりやすく伝え、現時点での解決策を提示する。

目次

  • 1 どこもかしこもプラスチック!
  • 2 使い捨て文化—大量生産と大量廃棄
  • 3 海に漏れ出すプラスチック
  • 4 あなたもわたしも海洋プラスチックの排出者
  • 5 プラスチックは最終的に海のどこにいくの?
  • 6 行方不明プラスチックの謎
  • 7 ディープ・インパクト—海洋生態系と人への影響
  • 8 海にプラスチックを漏れ出させない方法

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ