反穀物の人類史 : 国家誕生のディープヒストリー

書誌事項

反穀物の人類史 : 国家誕生のディープヒストリー

ジェームズ・C.スコット [著] ; 立木勝訳

みすず書房, 2019.12

タイトル別名

Against the grain : a deep history of the earliest states

タイトル読み

ハン コクモツ ノ ジンルイシ : コッカ タンジョウ ノ ディープ ヒストリー

大学図書館所蔵 件 / 162

注記

原著(Yale University Press, c2017)の翻訳

参考文献: 巻末p26-42

内容説明・目次

内容説明

豊かな採集生活を謳歌した「野蛮人」は、いかにして古代国家に家畜化されたのか。農業革命についての常識を覆す、『Economist』誌ベスト歴史書2019。

目次

  • 序章 ほころびだらけの物語—わたしの知らなかったこと
  • 1 火と植物と動物と…そしてわたしたちの飼い馴らし
  • 2 世界の景観修正—ドムス複合体
  • 3 動物原性感染症—病理学のパーフェクトストーム
  • 4 初期国家の農業生態系
  • 5 人口の管理—束縛と戦争
  • 6 初期国家の脆弱さ—分解としての崩壊
  • 7 野蛮人の黄金時代

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ