「意思決定」の科学 : なぜ、それを選ぶのか

書誌事項

「意思決定」の科学 : なぜ、それを選ぶのか

川越敏司著

(ブルーバックス, B-2151)

講談社, 2020.9

タイトル別名

意思決定の科学 : なぜそれを選ぶのか

タイトル読み

「イシ ケッテイ」ノ カガク : ナゼ、ソレ オ エラブノカ

大学図書館所蔵 件 / 328

注記

読書案内: p251-255

索引あり

内容説明・目次

内容説明

「選択」を決めるものとは?なぜ、自分は人と違う選択をするのか?その背景を「意思決定理論」が明らかにする。その中心をなす「期待効用理論」から行動経済学の重要理論である「プロスペクト理論」その他、さまざまな状況下での選択について実験をとおし、わかりやすく解説していく。

目次

  • 第1章 期待効用理論—意思決定理論の基礎(期待効用とはなにか;効用関数とリスク回避性;リスクに対する態度;相対的リスク回避度(その1);相対的リスク回避度(その2))
  • 第2章 プロスペクト理論—期待効用理論を超えて(期待効用理論のパラドックス;損失回避性;価値関数の形状)
  • 第3章 時間選好・社会的選好・認知能力—様々な状況下での選択を考える(時間選好の測定;社会的選好の測定;認知能力の測定;様々な選好が組み合わさった複合問題)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ