青鞜の時代 : 平塚らいてうと新しい女たち

書誌事項

青鞜の時代 : 平塚らいてうと新しい女たち

堀場清子著

(岩波新書, 新赤版 15)

岩波書店, 1988.3

タイトル読み

セイトウ ノ ジダイ : ヒラツカ ライチョウ ト アタラシイ オンナタチ

大学図書館所蔵 件 / 323

この図書・雑誌をさがす

内容説明・目次

内容説明

「元始女性は太陽であった」。日本の近代における女性の目ざめを高らかに宣言した雑誌『青鞜』は平塚らいてうらの手によって1911年創刊された。家制度への反逆、良妻賢母主義との対決を通して、自我を追求し、愛と性の自由を徹底的に求め実践した「新しい女」たちの群像。それは時代をこえて真摯な生の探求を呼びかけてやまない。

目次

  • 1 元始女性は太陽であった
  • 2 ニュー・ウーマンの誕生
  • 3 スキャンダルの意味するもの
  • 4 山の動く日来る
  • 5 ノラ宣言の年
  • 6 逆風をうける
  • 7 自分は新しい女である
  • 8 習俗打破
  • 9 性と愛—その争闘
  • 10 青鞜挽歌

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ