精神と物質 : 分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか

書誌事項

精神と物質 : 分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか

立花隆, 利根川進著

文藝春秋, 1990.7

タイトル読み

セイシン ト ブッシツ : ブンシ セイブツガク ワ ドコマデ セイメイ ノ ナゾ オ トケルカ

大学図書館所蔵 件 / 375

内容説明・目次

内容説明

はたして「生命」は神秘であるのか?利根川進氏の“百年の一度”の大研究とは—。20時間の及ぶ徹低インタビューが明らかにした最先端生命科学の現状。

目次

  • 第1章 「安保反対」からノーベル賞へ
  • 第2章 留学生時代
  • 第3章 運命の分かれ目
  • 第4章 サイエンティストの頭脳とは
  • 第5章 科学に「2度目の発見」はない
  • 第6章 サイエンスは肉体労働である
  • 第7章 もう1つの大発見
  • 第8章 「生命の神秘」はどこまで解けるか

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ