量子力学入門 : 現代科学のミステリー

書誌事項

量子力学入門 : 現代科学のミステリー

並木美喜雄著

(岩波新書, 新赤版 210)

岩波書店, 1992.1

タイトル読み

リョウシ リキガク ニュウモン : ゲンダイ カガク ノ ミステリー

大学図書館所蔵 件 / 406

内容説明・目次

内容説明

相対性理論と並ぶ、20世紀が生んだ素晴らしい知的財産—量子力学。それはミクロ世界の探求で大成功をおさめたが、その基礎は今日まで続く大論争のもとでいまなお揺らいでいる。本書は、新しい観測理論を提唱した著者による、意外性と非日常性に満ちた「量子の世界」への案内である。

目次

  • 1 プロローグ—「存在」とは何か?
  • 2 量子の発見
  • 3 量子論の発展
  • 4 自然の階段—物質の階層構造と力学法則
  • 5 波動・粒子の二重性—実験事実とその解釈
  • 6 量子世界の観測・測定
  • 7 さまざまな観測理論とパラドクス
  • 8 アインシュタインの疑問をめぐって
  • 9 量子力学の新展開—新しい原理的実験と理論形式の発展
  • 10 エピローグ—再び「存在」について

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN07096648
  • ISBN
    • 4004302102
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 252, 5p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ