「意識」とは何だろうか : 脳の来歴、知覚の錯誤

書誌事項

「意識」とは何だろうか : 脳の来歴、知覚の錯誤

下條信輔著

(講談社現代新書, 1439)

講談社, 1999.2

タイトル別名

意識とは何だろうか

タイトル読み

イシキ トワ ナンダロウカ : ノウ ノ ライレキ チカク ノ サクゴ

大学図書館所蔵 件 / 383

注記

主な参考文献: p259-262

内容説明・目次

内容説明

「心」とは意識のことか。意識プラス無意識か。では意識とは何なのか。「錯誤」を手がかりに、脳・認知科学の最前線から「心の全体像」へ迫る快著。

目次

  • 第1章 錯誤とは何か
  • 第2章 脳の「来歴」—錯誤から浮き彫りにされるもの
  • 第3章 心とからだと他者—連動する脳と世界
  • 第4章 意識と無意識のありか—心の全体像
  • 第5章 人間観と倫理

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ