古代ギリシアの旅 : 創造の源をたずねて

書誌事項

古代ギリシアの旅 : 創造の源をたずねて

高野義郎著

(岩波新書, 新赤版 780)

岩波書店, 2002.4

タイトル読み

コダイ ギリシア ノ タビ : ソウゾウ ノ ミナモト オ タズネテ

大学図書館所蔵 件 / 478

注記

古代ギリシア史年表: 巻頭

地図あり

内容説明・目次

内容説明

古代ギリシアは大創造空間だった。タレースらの自然哲学、ピュータゴラースの幾何学、アテーナイの学校、そして悲劇。トルコ西部から南イタリアにおよぶ各地の遺跡をたずね、独創の源泉を考察する。ピュータゴラース学派の聖数「10」やヒッポダモス式都市の秘密などを解きながら、古代ギリシアの風土と文化を案内する知的ガイドブック。

目次

  • 1 哲学のふるさととミーレートス—その都市計画に秘められたもの
  • 2 ピタゴラス学派の聖なる数10
  • 3 万物の根源を求めて
  • 4 古典文化の花咲く都市アテーナイ
  • 5 時計回りにめぐるペロポンネーソス
  • 6 悲劇の舞台—オイディプースとイーピゲネイア

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA56413439
  • ISBN
    • 4004307805
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 199, 5p, 図版[4]p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ