レイアウトの法則 : アートとアフォーダンス

書誌事項

レイアウトの法則 : アートとアフォーダンス

佐々木正人著

春秋社, 2003.7

タイトル読み

レイアウト ノ ホウソク : アート ト アフォーダンス

大学図書館所蔵 件 / 310

内容説明・目次

内容説明

魚や野菜や果物の肌理を見る。人の黒眼と白眼の比率を見る。歩く人の脚の振れ具合を見る。異性を見る。曲がり角の向こうをのぞく。そのような時に知覚していることは、すべてレイアウトである—。絵画からリハビリテーションまで、その本質を光・余白・力のレイアウトとして描き切る、生態心理学=アフォーダンスの平易で画期的な実践への招待。

目次

  • 1 レイアウトの法則(「レイアウト宣言—自然のデザイン原理」)
  • 2 光のレイアウト(「正確に言えば光は見ることができない—絵画とジェームス・ギブソンの視覚論」;「光の経験—デッサン派vs.色彩派」;「包まれる—写真と視覚」)
  • 3 余白のレイアウト(「小屋の力、街の愉しみ」;「ページとフォーマットの劇場」)
  • 4 力のレイアウト(「相撲と無知」;「リハビリテーション—制御・入れ子・協調のデザイン」;「生へといたる消滅—ウイリアム・フォーサイスの動き」)
  • 結 レイアウトのレイアウト(「肌理と粒」)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA63153553
  • ISBN
    • 4393360281
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    245p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ