書誌事項

性/愛

[金井淑子ほか執筆]

(岩波応用倫理学講義 / 越智貢 [ほか] 編集, 5)

岩波書店, 2004.11

タイトル別名

性愛

タイトル読み

セイ アイ

大学図書館所蔵 件 / 365

注記

参考文献あり

執筆は奥付の前頁による

シンポジスト:足立眞理子、加藤秀一、竹村和子、司会:金井淑子

収録内容

  • 講義の七日間 : リベラリズムとパターナリズムのはざまで / 金井淑子著
  • セミナー : セックスワーク「セックスというお仕事」と自己決定権 / 内田樹著
  • サルトルと女とアンドロイド : 両義性の倫理へ/意識・身体・自己欺瞞 / 長野潤著
  • 新しい倫理概念としての「母性」 / 阿木津英著
  • 母娘のナラティヴ : 愛着と分離のはざまで / 河野貴代美著
  • 愛と暴力 : ドメスティック・バイオレンスから問う親密圏の関係倫理 / 沼崎一郎著
  • 「美醜」問題と倫理 : 美醜は個人的なことか? / 細谷実著
  • 問題集 : 不妊が見えない : 日本におけるマジョリティの無意識構造 / 岩本美砂子著
  • 産のエロス : 親密圏創成の契機となるもの / 三砂ちづる著
  • 「銃をもつ平等」/「銃を捨てる平等」 / 伊田久美子著
  • 性的弱者とは誰か / 倉本智明著
  • クィアな思想とポリティクス : ずれのある両輪をたずさえて / 砂川秀樹著
  • 親密圏 / 井上たか子著
  • シンポジウム : 「性に憑かれた/疲れた」近代の終焉 / 足立眞理子 [ほか]述

内容説明・目次

内容説明

性愛の、過激に変容する現実。ジェンダー論からポスト・フェミニズムまで“身体/関係”の倫理の最深部に。問いとヒント—のっぴきならない問題を考える。

目次

  • 1 講義の七日間—リベラリズムとパターナリズムのはざまで(ジェンダーを脱ぐ—「性はフェイク」とはいいますが;ためらいのセックスワーク論—理論と感情のせめぎあい ほか)
  • 2 セミナー(セックスワーク—「セックスというお仕事」と自己決定権;サルトルと女とアンドロイド—両義性の倫理へ/意識・身体・自己欺瞞 ほか)
  • 3 問題集(不妊が見えない—日本におけるマジョリティの無意識構造;産のエロス—親密圏創成の契機となるもの ほか)
  • 4 シンポジウム—「性に憑かれた/疲れた」近代の終焉

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA69435911
  • ISBN
    • 4000267183
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xiii, 286p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ