不動の身体と息する機械 : ALS : let it breathe!

書誌事項

不動の身体と息する機械 : ALS : let it breathe!

立岩真也著

(シリーズケアをひらく)

医学書院, 2004.11

タイトル別名

ALS (エイ・エル・エス) 不動の身体と息する機械

ALS不動の身体と息する機械

ALS・不動の身体と息する機械

タイトル読み

フドウ ノ シンタイ ト イキスル キカイ : ALS : let it breathe

大学図書館所蔵 件 / 426

注記

文献表: p422-444

内容説明・目次

内容説明

ALS当事者の語りを渉猟し、「既に書かれていること」をまとめた本。人工呼吸器と人がいれば生きることができる、と言う本。だから感動の少ない本。しかし「生命倫理」という名の議論は、せめてここから始めるべきだとわかる本。

目次

  • 間違い
  • まだなおらないこと
  • わかること
  • わかることについて
  • 呼吸器のこと
  • 既にあったものの出現
  • 川口武久のこと
  • その先を生きること
  • 死の位置の変容
  • さらにその先を生きること

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ