書誌事項

漢字伝来

大島正二著

(岩波新書, 新赤版 1031)

岩波書店, 2006.8

タイトル読み

カンジ デンライ

大学図書館所蔵 件 / 520

内容説明・目次

内容説明

およそ二〇〇〇年前にやってきた中国生まれの漢字を、言語構造の異なる日本語の中にどのように取り入れたのだろうか。朝鮮の文化的影響を強く受けたその伝来の初めから、漢字文化が確立して、漢字に基づく片仮名・平仮名が誕生するまでの軌跡を興味ぶかいエピソードを交えてたどる。日本の漢字音と中国原音の対照表を付す。

目次

  • 第1章 漢字が日本列島にやってきた
  • 第2章 “漢字文化”の伝来
  • 第3章 漢字・漢文学習の本格的な開始
  • 第4章 漢字文化の確立
  • 第5章 漢文の日本語化が始まる
  • 第6章 漢字“日本語化”の完成
  • 補章 日本漢字音と中国原音の関係を知るために

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ