子どもの声を社会へ : 子どもオンブズの挑戦

書誌事項

子どもの声を社会へ : 子どもオンブズの挑戦

桜井智恵子著

(岩波新書, 新赤版 1353)

岩波書店, 2012.2

タイトル読み

コドモ ノ コエ オ シャカイ エ : コドモ オンブズ ノ チョウセン

大学図書館所蔵 件 / 507

注記

主要参考文献: 巻末p1-4

内容説明・目次

内容説明

兵庫県川西市の「子どもの人権オンブズパーソン」は、子どもの小さな声に耳を傾け、関係者をつなぎ問題の解決を図り、時には制度改善にまでつなげる。この希有な公的制度の中で、子どもたちの息詰まる状況をつぶさに目にしてきた著者が、その問題解決の思想を紹介し、問題の核心を明らかにして、これからの社会の可能性を提案する。

目次

  • 第1章 子どもの人権オンブズパーソンという制度(希有な制度の誕生;制度の仕組み)
  • 第2章 関係に働きかける—関係再生職人チームの仕事(どのように関係に働きかけるのか;どのように経過するか;個別救済の「技」;個別救済の流れ)
  • 第3章 社会に働きかける—個別救済を社会につなぐ(「声」が社会の質を高める;問題を生み出す構造と制度の限界;各国の子どもオンブズマンが集まった)
  • 第4章 問題のつくられ方—減速へのススメ(個人の問題は構造の問題;子どもが子どもでいられない)
  • 終章 能力を分かちもつ(教育の陥穽—「教育過剰」の構造;能力の共有という可能性;むすびにかえて)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ