書誌事項

医学探偵の歴史事件簿

小長谷正明著

(岩波新書, 新赤版 1474, 1529)

岩波書店, 2014.2-

  • [1]
  • ファイル2

タイトル読み

イガク タンテイ ノ レキシ ジケンボ

大学図書館所蔵 件 / 512

注記

参考文献: [1]: 巻末p1-7, ファイル2: 巻末p1-6

内容説明・目次

巻冊次

[1] ISBN 9784004314745

内容説明

歴史上の人物の行動には、病気と医学が深く関わっている。病気持ちの大統領や独裁者、王たちは歴史をどう変えたか。ツタンカーメンやロマノフ家の家系の真実とは。最近の遺伝子鑑定や歴史医学研究、歴史記録の解読を通じて、その真相に迫る。二・二六事件や第二次大戦末期の反乱事件、医学の革新者たちの逸話も紹介。

目次

  • 第1部 二十世紀世界史の舞台裏(ケネディの腰痛—最年少大統領の悩み;隠蔽された炭疽菌事件 ほか)
  • 第2部 近代日本史の曲がり角(明治天皇と脚気病院;二・二六事件と輸血 ほか)
  • 第3部 医学を変えた人々(恐竜から神経難病まで—パーキンソンの知られざる貢献;新大陸バイオテロと種痘ミッション ほか)
  • 第4部 王と医師たち(怒れる国王ジョージ三世;ルイ一七世の心臓 ほか)
  • 第5部 いにしえの病を推理する(ツタンカーメンの杖;鈴鹿に逝きし人—倭建命 ほか)
巻冊次

ファイル2 ISBN 9784004315292

内容説明

歴史を動かしたあの人の病気は何だったのか?イエスの奇蹟と中臣鎌足の知られざる死の事情を解き明かし、現代世界を動かした各国首脳の病気を追究する。感染症の日本史・世界史へのインパクト、スモンや狂牛病など社会が生んだ病気の歴史、芥川龍之介やダーウィンの人生に影を落とした病気ほか、ますます鋭い歴史への眼差し。

目次

  • 第1部 歴史神経内科外来(起きて歩め—イエスの奇蹟;傾国の笑顔 ほか)
  • 第2部 権力者たちのその時(ブラディ・メアリーのご懐妊;太陽王のカツラと心臓 ほか)
  • 第3部 感染症今昔物語(仏教伝来と疫病;百万遍と黒死病 ほか)
  • 第4部 毒に中る(寵姫の美貌崩壊—黒ミサと毒殺疑惑;帽子屋と鍍金師 ほか)
  • 第5部 あの人の病気は何だったか?(芥川龍之介の頭痛と『歯車』;ダーウィンに来た病気 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ