「老いがい」の時代 : 日本映画に読む

書誌事項

「老いがい」の時代 : 日本映画に読む

天野正子著

(岩波新書, 新赤版 1475)

岩波書店, 2014.3

タイトル別名

老いがいの時代 : 日本映画に読む

〈老いがい〉の時代 : 日本映画に読む

タイトル読み

「オイガイ」ノ ジダイ : ニホン エイガ ニ ヨム

大学図書館所蔵 件 / 466

注記

参考・引用文献一覧: p209-214

内容説明・目次

内容説明

家族のなかの「老い」を通じて新旧社会の連続/非連続性を問いかける—日本映画はそこから戦後をスタートした。成熟と枯淡の理想、孤独と不安のリアリズム、そして固有の生の軌跡の“老いがい”へ。視線を移しつつ、数多くの映画が濃密な集積となって、いま私たちの前にある。誰もが向かう未知なる時間、“老い”への手掛かりとして。

目次

  • 第1章 動く座標軸—老いの理想からリアリズムへ(老いの理想—巨匠たち;老いのリアリズム—次世代の監督たち)
  • 第2章 老いの万華鏡—それぞれの意味場(笑って泣ける—人気娯楽映画;老け役—虚像と実像の間;思いがけない老いの正体)
  • 第3章 「生‐老‐死」をつなぐ—「老いる」の地平へ(内なる老いの呼び声;「痴」がひらく世界;死は生の道連れ)
  • 第4章 「昭和」を老いる—忘れられた老いを忘れないために(老いは証言と継承、記録である;境界を生きる)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ