異常気象と地球温暖化 : 未来に何が待っているか

書誌事項

異常気象と地球温暖化 : 未来に何が待っているか

鬼頭昭雄著

(岩波新書, 新赤版 1538)

岩波書店, 2015.3

タイトル読み

イジョウ キショウ ト チキュウ オンダンカ : ミライ ニ ナニ ガ マッテ イルカ

大学図書館所蔵 件 / 495

注記

参考文献: 巻末p1-2

内容説明・目次

内容説明

熱波や大雪、「経験したことがない大雨」など人々の意表をつく異常気象は、実は自然な変動の現れである。しかし将来、温暖化の進行とともに極端な気象の頻度が増し、今日の「異常」が普通になる世界がやってくる。IPCC報告書の執筆者が、異常気象と温暖化の関係を解きほぐし、変動する気候の過去・現在・未来を語る。

目次

  • 第1章 異常気象
  • 第2章 地球の気候はどう決まっているか
  • 第3章 気候変動の過去と現在
  • 第4章 二一世紀の地球はどうなるか
  • 第5章 日本の気候はどうなるか
  • 第6章 気候のティッピングポイント
  • 第7章 気候変動の影響—緩和策と適応策

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ