書誌事項

首都直下地震

平田直著

(岩波新書, 新赤版 1592)

岩波書店, 2016.2

タイトル読み

シュト チョッカ ジシン

大学図書館所蔵 件 / 461

注記

参考文献: p191

内容説明・目次

内容説明

一極集中が加速する一千万都市・東京。もしもここに、M7の大地震が襲いかかったら…。東京付近の地下で発生し、市民の生命・身体・財産をはじめ、政治・経済・ビジネスに大きな影響を与えうる首都直下地震。巨大都市の弱点を一撃で突くこの地震は、どのような被害と災害をもたらすのか。地震学の最新の知見を紹介する。

目次

  • 第1章 首都直下地震とは何か(地震の分類;大都市を襲う地震;どんな地震が起きるのか)
  • 第2章 予想される被害(なぜ被害が発生するのか;なぜ被害を想定するのか;内閣府の被害想定(二〇〇四/二〇〇五年);東京都の被害想定(二〇一二年);内閣府の被害想定(二〇一三年))
  • 第3章 震源はどこになる?(複雑な南関東の地下構造;活断層で起きる関東の内陸地震;プレート境界の関東地震;プレート内部での地震;超巨大地震の影響)
  • 第4章 予知は可能なのか?(内陸の地震の予担・予測;不規則な地震;「三〇年以内、七〇%」の意味)
  • 終章 首都圏を守るために(災害の危険性の大きな首都圏;耐震化と出火対策;帰宅困難者への対策;災害からの回復)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ