書誌事項

流言のメディア史

佐藤卓己著

(岩波新書, 新赤版 1764)

岩波書店, 2019.3

タイトル別名

メディア流言の時代

タイトル読み

リュウゲン ノ メディアシ

大学図書館所蔵 件 / 320

注記

2013年冬-2015年秋 『季刊 考える人』 (新潮社) に8回連載した「メディア流言の時代」を再構成の上、大幅に加筆したもの

2016-2018年度科学研究費助成研究・挑戦的萌芽研究 「誤報記事と新聞批判のメディア史的研究」 (研究代表者・佐藤卓己, 課題番号:16K12549) の成果の一部

主要引用文献: 巻末p1-7

内容説明・目次

内容説明

マスメディアの責任をただ追及していればよかった安楽な「読み」の時代はすでに終わり、一人ひとりが情報発信の責任を引き受ける「読み書き」の時代となっている。「ポスト真実」の時代のメディア・リテラシーとは?

目次

  • 第1章 メディア・パニック神話—「火星人来襲」から始まった?
  • 第2章 活字的理性の限界—関東大震災と災害デモクラシー
  • 第3章 怪文書の効果論—「キャッスル事件」の呪縛
  • 第4章 擬史の民主主義—二・二六事件の流言蜚語と太古秘史
  • 第5章 言論統制の民意—造言飛語と防諜戦
  • 第6章 記憶紙の誤報—「歴史のメディア化」に抗して
  • 第7章 戦後の半体制メディア—情報闇市の「真相」
  • 第8章 汚染情報のフレーミング—「原子マグロ」の風評被害
  • 第9章 情報過剰社会の歴史改変—「ヒトラー神話」の戦後史から

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ