「障害」ある人の「きょうだい」としての私

書誌事項

「障害」ある人の「きょうだい」としての私

藤木和子著

(岩波ブックレット, No. 1062)

岩波書店, 2022.4

タイトル別名

障害ある人のきょうだいとしての私

タイトル読み

「ショウガイ」アル ヒト ノ「キョウダイ」トシテノ ワタシ

大学図書館所蔵 件 / 225

注記

この本を読んだあとに: 巻末p1-9

内容説明・目次

内容説明

障害児者とともに育ち、親よりも長い一生の関係となる「障害児者のきょうだい」。幼少期から差別や偏見を受け、身近な支援者としての役割を期待される一方で、自身のことは後回しになってしまいがち…。「ヤングケアラー」としての自らの切実な悩みや体験も交えて、さまざまな新しい取組みを紹介、支援の必要性を訴える。

目次

  • 1 私から見たきょうだい・家族・社会
  • 2 私の進路・結婚の悩み
  • 3 きょうだい会ってどんなところ?
  • 4 よく話される内容—進路、恋愛・結婚、親あるうちに
  • 5 ヤングケアラーが声を上げられる社会へ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ