書誌事項

日本教育小史 : 近・現代

山住正己著

(岩波新書, 黄-363)

岩波書店, 1987.1

タイトル別名

日本教育小史 : 近現代

タイトル読み

ニホン キョウイク ショウシ : キン・ゲンダイ

大学図書館所蔵 件 / 438

注記

年表: 巻末p11-79

内容説明・目次

内容説明

現代の教育は日本の未来をきり開くことができるのだろうか。本書は、幕末・維新から今日に至るまで日本の教育が当面した課題とその役割を、国民の切実な教育要求と国家の政策、教師の教育実践との関わり合いを軸に説き明かす。いじめ・低学力等多くの問題を抱える教育の現状を打開する道は、歴史の筋道を探ることの中にのみ見出されよう。

目次

  • はじめに 過去に目を閉ざしてはならない
  • 1 開国・維持と教育
  • 2 近代化の推進と教育勅語体制
  • 3 軍国主義への加速する歩み
  • 4 戦後教育改革
  • 5 教育の保守化と高度経済成長
  • おわりに 柔軟な心を

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ