書誌事項

生と死と家族

長谷川浩編集

(講座家族心理学, 5)

金子書房, 1988.10

タイトル読み

セイ ト シ ト カゾク

大学図書館所蔵 件 / 354

注記

参考文献: 章末

内容説明・目次

内容説明

第5巻では、病気や老いそして死という人間にとって普遍的な体験に注目し、それらにかかわる現代家族の問題点を考察する。これらの危機的状況に対して、現代の家族はどのような脆さを持っているのか。その危機を乗り切るには、現代の家族に何が必要なのか。あるいは、病・老・死への取組みから、どのような家族の再生が可能なのか。弱体化しつつあるとされる現代の家族に対して、どのような医療的・社会福祉的援助が必要とされるのか。

目次

  • 第1部 健康・病気をめぐる家族の諸問題(こころとからだの健康と家族;妊産婦の精神衛生と家族の問題;慢性疾患患者と家族—セルフケアと介助ケア;先天性心疾患児をかかえた家族;腎移植をめぐる家族の問題)
  • 第2部 老いと死をめぐる家族の諸問題(長寿社会の到来と家族の問題—成熟社会への期待と不安;老人をめぐる家族の諸問題;老人医療・福祉施設からみた家族の問題)
  • 第3部 家族援助にかかわる諸問題(末期ケアと家族;ホームケアにおける家族の問題;家族援助に果たす医療者の役割—ソーシャルワーカーの立場から;死別と哀悼過程への心理的援助;「家族への援助」をめぐる宗教家の発言)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN02677020
  • ISBN
    • 4760893059
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xxiv, 284p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ