書誌事項

仏教入門

三枝充悳著

(岩波新書, 新赤版 103)

岩波書店, 1990.1

タイトル読み

ブッキョウ ニュウモン

大学図書館所蔵 件 / 397

注記

主要参照文献(抄): p235-236

略年表: 巻末p11-15

内容説明・目次

内容説明

アジア文化の源流となったインド仏教は、中国、朝鮮を経てわが国に渡来し、日本文化の形成に計り知れない影響を及ぼした。本書は、ブッダを育てたインドの社会的背景、ブッダの出現およびそれ以後の布教活動と思想の変遷、西欧思想との比較、さらにその後仏教が各地に波及していく様を描きながら、現代人のための新しい仏教論を展開する。

目次

  • 第1部 インド仏教史(初期仏教;中期仏教;後期仏教)
  • 第2部 インド仏教の思想史(初期仏教;部派仏教;初期大乗仏教;中期・後期大乗仏教)
  • 第3部 各地の仏教(南伝仏教;北伝仏教)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN04167976
  • ISBN
    • 4004301033
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 236, 15p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ