書誌事項

短篇小説講義

筒井康隆著

(岩波新書, 新赤版 128)

岩波書店, 1990.6

タイトル読み

タンペン ショウセツ コウギ

大学図書館所蔵 件 / 369

内容説明・目次

内容説明

小説とは、何を、どのように書いてもいい自由な文学形式である。しかし、短篇小説の芸道化がすすみ、魅力ある作品がますます生まれにくくなっている現在、これから小説を書こうとする人に向け、短篇小説とはどのように書かれるべきか、その手法と書き方について、岩波文庫の古典作品から厳選し、噂の「文学部唯野教授」が大上段に語る10講。

目次

  • 1 短篇小説の現況
  • 2 ディケンズ「ジョージ・シルヴァーマンの釈明」
  • 3 ホフマン「隅の窓」
  • 4 アンブロウズ・ビアス「アウル・クリーク橋の一事件」
  • 5 マーク・トウェイン「頭突き羊の物語」
  • 6 ゴーリキー「二十六人の男と一人の少女」
  • 7 トオマス・マン「幻滅」
  • 8 サマセット・モームの短篇小説観
  • 9 新たな短篇小説に向けて
  • 10 ローソン「爆弾犬」

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN04782332
  • ISBN
    • 4004301289
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 200p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ