書誌事項

日本の舞踊

渡辺保著

(岩波新書, 新赤版 175)

岩波書店, 1991.6

タイトル読み

ニホン ノ ブヨウ

大学図書館所蔵 件 / 357

内容説明・目次

内容説明

複雑な約束事やしきたりによって難解と思われがちな日本舞踊。しかし名人たちの踊りには、名人ゆえに聞こえてくる身体の声がある。踊りの中からその声が聞こえてきたとき、舞踊は見る人の心を捉えて離さぬものになる。その声を聞くことこそ、舞踊の魅力である。鑑賞のための基礎知識から名人たちの究極の奥義まで、舞踊の世界が展開する。

目次

  • 第1部 日本舞踊とは(舞踊と人間—身体の声;舞踊の用語;舞踊、その歴史)
  • 第2部 舞踊を見る(美しいフォルム—武原はん;人間たちの肖像—七代目三津五郎;物語の絆—歌右衛門と梅幸;振付師の扇—藤間勘十郎;お腹どす—井上八千代;舞踊の窮極—友枝喜久夫;再び、身体の声について)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ