書誌事項

国連と日本

河辺一郎著

(岩波新書, 新赤版 317)

岩波書店, 1994.1

タイトル読み

コクレン ト ニホン

大学図書館所蔵 件 / 404

注記

引用文献: 巻末p1-2

内容説明・目次

内容説明

湾岸戦争以来にわかに注目を浴びる国連。だがその実、日本が国連で何をしてきたのかは、あまり知られていない。米国の国連批判と国連利用、「国連中心主義」の虚実、軍縮・PKO・人権問題への日本の対応、国連改革論と常任理事国入りなど、ホットなテーマに即して検証する。これからの国連と日本のゆくえを考えるために必読の書。

目次

  • 第1章 国連総会で揺れる米国の姿勢
  • 第2章 「国連中心主義」の本音と建前
  • 第3章 「平和国家」日本の実像
  • 第4章 PKOの軍事化と日本
  • 第5章 人権問題、紛争解決と日本
  • 第6章 何のための国連改革か

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ