書誌事項

ライン河紀行

吾郷慶一著

(岩波新書, 新赤版 347)

岩波書店, 1994.8

タイトル読み

ラインガワ キコウ

大学図書館所蔵 件 / 370

内容説明・目次

内容説明

スイス・アルプスの源流からオランダの河口まで—ヨーロッパの中枢を流れるライン河流域は、ローマ帝国の時代以来、民族・国家の興亡の主舞台であっただけでなく、欧州統合のゆくえを占う格好の一帯でもある。中世の城や大寺院、ブドウ畑とワイン、廃墟と化した原発…。河畔に長く住んだ著者が、その流れに沿って案内する知的な旅。

目次

  • 1 「ラインの泉」から
  • 2 緑と牧場とハイテクと
  • 3 ボーデン湖と「最も美しい町」
  • 4 「高ライン」、国境の交差点へ
  • 5 統合欧州の“立法府”
  • 6 ゆっくりと流れる「上ライン」
  • 7 北海から黒海へ
  • 8 ロマンティック・ライン
  • 9 母なるモーゼルのミニ欧州史
  • 10 揺れる環境・エネルギー政策
  • 11 ボン—昨日、今日、明日
  • 12 よみがえる古都
  • 13 弱ってきた「経済の巨人」
  • 14 日々変容する国、オランダ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ