書誌事項

改憲は必要か

憲法再生フォーラム編

(岩波新書, 新赤版 911)

岩波書店, 2004.10

タイトル読み

カイケン ワ ヒツヨウ カ

大学図書館所蔵 件 / 483

内容説明・目次

内容説明

日本の憲法はもう時代遅れなのではないか、やはり変えてしまったほうがいいのではないか—。改憲への動きに危機感を募らせる研究者グループが、憲法に向けられるそうした疑問や批判について、Q&Aのスタイルでじっくりと答えてゆきながら、改憲論の背景やその問題点を明らかにしてゆく。これからの憲法論議のための必読書。

目次

  • 1 いま、憲法九条を選択することは、非現実的ではないか
  • 2 国連は無力なのだから、国連中心の平和主義には意味がないのではないか
  • 3 「押し付け憲法」は選びなおさないと、自分たちの憲法にはならないのではないか
  • 4 憲法といっても法の一つなのだし、改正の手続だって規定されているのだから、改憲にそんなに慎重でなくてもよいのではないか
  • 5 憲法を改めれば、自由や人権の状況も改善されるのではないか
  • 6 市民がどれだけがんばっても、しょせん戦争は止められないし、世界は変わらない。憲法九条も変えられてしまうのではないか
  • 7 現実と遊離してしまった憲法は、現実にあわせて改めた方がいいのではないか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA69094832
  • ISBN
    • 4004309115
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 182p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ