書誌事項

世界森林報告

山田勇著

(岩波新書, 新赤版 999)

岩波書店, 2006.3

タイトル読み

セカイ シンリン ホウコク

大学図書館所蔵 件 / 485

内容説明・目次

内容説明

世界一の熱帯雨林をもつ東南アジアを皮切りに、南北アメリカ大陸、環ヒマラヤの大斜面からヨーロッパを経て、失われたアフリカの森まで—四〇年間にわたり地球を縦横に歩いてきた生態学者は、世界の森の今を、人と自然の営みの関係をどう見ているか。エコツーリズムの各国報告や森をめぐる世界の動きを豊富な写真をまじえて語る。

目次

  • プロローグ—エコツーリズムと森世界
  • 1 原始の静けさ、泰然たる熱帯雨林—島嶼部東南アジア
  • 2 モンスーン林は優良材の宝庫—大陸部東南アジア
  • 3 消えゆく原生林、大木への憧れ—北アメリカ
  • 4 地球最大の森アマゾン—ラテンアメリカ
  • 5 雪山のふもと、大斜面の森—中国からヒマラヤの東へ
  • 6 人工空間の中の森—ヨーロッパ
  • 7 乾燥の大陸にて—アフリカ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA76131961
  • ISBN
    • 4004309999
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 210, 3p, 図版[4] p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ