不都合な真実 : 切迫する地球温暖化、そして私たちにできること

書誌事項

不都合な真実 : 切迫する地球温暖化、そして私たちにできること

アル・ゴア著 ; 枝廣淳子訳

ランダムハウス講談社, 2007.1

タイトル別名

An inconvenient truth : the planetary emergency of global warming and what we can do about it

不都合な真実 : 切迫する地球温暖化そして私たちにできること

タイトル読み

フツゴウナ シンジツ : セッパク スル チキュウ オンダンカ ソシテ ワタクシタチ ニ デキル コト

大学図書館所蔵 件 / 707

内容説明・目次

内容説明

人類の文明はエネルギーを消費し発展し続けてきたが、反面それは地球環境を汚染する歴史でもあった。45年後には世界人口が90億人に達すると予測されている今日、地球温暖化による危険信号が世界中で点っている。北極の氷はこの40年間に40%縮小、今後50〜70年で北極は消滅し、水位は6m上昇する。この四半世紀の間に発生した鳥インフルエンザやSARSといった奇病、猛威を振るったハリケーン・カトリーナは、偶然起きたのではない。アメリカの元副大統領アル・ゴアが地球の瀕死の症例を紹介しながら、今、人類が取るべき方法を示す。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA80185953
  • ISBN
    • 9784270001813
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    325p
  • 大きさ
    23cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ