ミステリーの人間学 : 英国古典探偵小説を読む

書誌事項

ミステリーの人間学 : 英国古典探偵小説を読む

廣野由美子著

(岩波新書, 新赤版 1187)

岩波書店, 2009.5

タイトル読み

ミステリー ノ ニンゲンガク : エイコク コテン タンテイ ショウセツ オ ヨム

大学図書館所蔵 件 / 486

注記

主要参考文献: 巻末p1-10

内容説明・目次

内容説明

読者を謎解きに導く巧みなプロット。犯罪にいたる人間心理への緻密な洞察。一九世紀前半ごろ誕生した探偵小説は、文学に共通する「人間を描く」というテーマに鋭く迫る試みでもある。ディケンズ、コリンズ、ドイル、チェスタトン、クリスティーなどの、代表的な英国ミステリー作品を取り上げ、探偵小説の系譜、作品の魅力などを読み解く。

目次

  • 序章 探偵小説の誕生
  • 第1章 心の闇を探る—チャールズ・ディケンズ
  • 第2章 被害者はこうしてつくられる—ウィルキー・コリンズ
  • 第3章 世界一有名な探偵の登場—アーサー・コナン・ドイル
  • 第4章 トリックと人間性—G.K.チェスタトン
  • 第5章 暴かれるのは誰か—アガサ・クリスティー
  • 終章 英国ミステリーのその後—「人間学」の系譜

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ