書誌事項

政権交代とは何だったのか

山口二郎著

(岩波新書, 新赤版 1347)

岩波書店, 2012.1

タイトル読み

セイケン コウタイ トワ ナンダッタノカ

大学図書館所蔵 件 / 480

注記

略年表: 巻末p1-3

内容説明・目次

内容説明

政権交代への期待感は幻滅へと変わり、いまや政党政治に対する忌避感すら拡がっている。なぜ政治主導で「生活第一」への政策転換を進めることができなかったのか。政権交代後の二年間の軌跡をたどり、政策形成のあり方、政と官の関係、国会政治の形などから民主党政権の意義と限界を冷静に検証。大震災後の民主政治の課題を考える。

目次

  • 第1章 民主党政権の軌跡
  • 第2章 統治システムの構築をめぐる試行錯誤
  • 第3章 政治主導による政策転換の成否—なぜ失敗し、どこで成功したか
  • 第4章 政党政治と国会の刷新
  • 第5章 政治学は民主政治に貢献したか
  • 第6章 民主主義へのシニシズムを超えて

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB07958496
  • ISBN
    • 9784004313472
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 241, 3p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ