食べるギリシア人 : 古典文学グルメ紀行

書誌事項

食べるギリシア人 : 古典文学グルメ紀行

丹下和彦著

(岩波新書, 新赤版 1360)

岩波書店, 2012.3

タイトル読み

タベル ギリシアジン : コテン ブンガク グルメ キコウ

大学図書館所蔵 件 / 483

注記

引用文献一覧: p197-198

内容説明・目次

内容説明

英雄アキレウスは何を食べていたか?アテナイ市民は大の魚好きだった?二日酔いにキャベツが効く?なぜ悲劇には食事の場面がない?—食文化の手がかりを求めて広くギリシア古典を渉猟し、人類普遍の営みの描写に古代の人間観を読み解く。

目次

  • 1 英雄たちの食—叙事詩を読み解く(アキレウスの味覚—串刺しの肉塊;食いしん坊オデュッセウス—魚は食うや食わざるや;鯨飲馬食の徒—古代ギリシア大食い比べ)
  • 2 酒のなかに「真」あり—抒情詩に浮かぶ人の世(酒の歌、恋の歌—酒仙詩人列伝;二日酔いにはキャベツ—英雄たちも飲んだ水割りワイン)
  • 3 庶民のレシピ—喜劇は語る(農夫の食卓—小山羊の煮込みときらめく葡萄酒;ディオゲネスは蛸の刺身で死んだ?—魚食のアテナイ人;蒲焼はやはりきつね色—大好物の鰻;古代ギリシアの買い物ブギ—魚屋とのバトル)
  • 4 食卓の周辺(絶食するパイドラ—なぜ悲劇に「食」が少ないか;英雄も「寝転んで」食べたか?—「寝椅子」のはじまり;パンで手を拭く—手掴み食のマナー;「影法師」から始まる?—食客の系譜;古代トイレ事情—海綿のウォシュレット)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ