書誌事項

新・ローマ帝国衰亡史

南川高志著

(岩波新書, 新赤版 1426)

岩波書店, 2013.5

タイトル別名

新ローマ帝国衰亡史

タイトル読み

シン ローマ テイコク スイボウシ

大学図書館所蔵 件 / 484

注記

本書関連年表: 巻末p1-6

引用出典・図版出典: 巻末p7

内容説明・目次

内容説明

地中海の帝国と言われるローマ帝国は、実は「大河と森」の帝国だった?衰亡の最大原因とされる「ゲルマン民族」は存在しなかった?あの巨大な帝国は、わずか三〇年で崩壊した?—歴史学の最新の知見から“二一世紀の衰亡史”を語り、栄えた国が衰えるとはどういうことか、国家とはそもそも何なのかを考えさせる、刺激的な一書。

目次

  • 序章 二一世紀のローマ帝国衰亡史
  • 第1章 大河と森のローマ帝国—辺境から見た世界帝国の実像
  • 第2章 衰退の「影」—コンスタンティヌス大帝の改革
  • 第3章 後継者たちの争い—コンスタンティウス二世の道程
  • 第4章 ガリアで生まれた皇帝—「背教者」ユリアヌスの挑戦
  • 第5章 動き出す大地—ウァレンティニアヌス朝の試練
  • 第6章 瓦解する帝国—「西」の最後
  • 終章 ローマ帝国の衰亡とは何であったか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ