書誌事項

戦国と宗教

神田千里著

(岩波新書, 新赤版 1619)

岩波書店, 2016.9

タイトル読み

センゴク ト シュウキョウ

大学図書館所蔵 件 / 459

注記

参考文献: 巻末p1-5

内容説明・目次

内容説明

乱世の英雄たちが入り乱れ、激しい戦争を繰り広げていた戦国時代。日々、不安定な世界の中で激動にさらされていた人々は、心の安寧をどこに求めたのか?大名たちの戦勝祈願、庶民たちの本願寺信仰、そして新しく日本に入ってきたキリスト教—当時の信仰の諸相を、「天道」という観念に注目しつつ読み解く。

目次

  • 第1章 合戦と大名の信仰(川中島合戦と宗教;戦争の呪術・大名の信仰)
  • 第2章 一向一揆と「民衆」(加賀一向一揆の実像;石山合戦の実像;共存の信仰世界;本願寺教団と民衆)
  • 第3章 キリスト教との出逢い(宣教の始まり;宣教師のみた日本人の信仰;織田信長とキリシタン)
  • 第4章 キリシタン大名の誕生(大友宗麟の改宗;家中のキリシタン信仰)
  • 第5章 「天道」という思想(「天道」と諸信仰;統一政権の宗教政策;秀吉の伴天連追放令)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ