中国の近現代史をどう見るか

書誌事項

中国の近現代史をどう見るか

西村成雄著

(岩波新書, 新赤版 1254 . シリーズ中国近現代史||シリーズ チュウゴク キンゲンダイシ ; 6)

岩波書店, 2017.6

タイトル別名

中国近現代史

中国の近現代史をどう見るか

タイトル読み

チュウゴク ノ キンゲンダイシ オ ドウ ミル カ

大学図書館所蔵 件 / 442

注記

参考文献: 巻末p1-4

内容説明・目次

内容説明

中国の近現代史をどう見るか。この問いに答えるには、欧米を中心に展開するグローバルな世界史の変容過程をも視野に入れることが必要だ。強い軍事的、政治的、経済的な圧力の下、中国はどう変わろうとしてきたのか。清末の嘉慶帝から習近平まで、「二〇〇年中国」という独自の視点で歴史的ダイナミズムの源泉をさぐる。

目次

  • 第1章 「二〇〇年中国」政治のやまなみ縦走(グローバル・ヒストリーとしての「二〇〇年中国」政治;「二〇〇年中国」に埋め込まれた近代ネイション・ステイトの論理と現実;二〇世紀中国における「ネイション・ステイト」の五段階)
  • 第2章 積層する政治文化と社会的中間層の蓄積(「伝統層」と「現代層」の複合的一体性;一九八〇年代政治文化の新たな埋め込み;社会的「中間層」形成の政治的意味)
  • 第3章 政治的委任=代表関係の制度化類型(政治的代表意識の三類型と中国政治;中華民国「総統・議会制」の正統性形成とその矛盾;中華民国国民政府「党国・訓政体制」と憲政)
  • 第4章 後発型ネイション・ステイトに見る政治と経済の相互依存性(国家主導型経済と資本主義の三層構造;中華民国国民政府の戦時体制と経済的帰結;「社会主義ネイション・ステイト」の政治的・経済的自立への曲折)
  • 終章 二〇〇年をくぐりぬけた中国政治社会(「二〇〇年中国」に埋め込まれた政治的重層性と国際システム;「党国体制」内の政治的変容;より柔軟な日中相互理解のためのプラットフォーム形成に向けて;現代中国理解の断代史的視角)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ