ライシテから読む現代フランス : 政治と宗教のいま

書誌事項

ライシテから読む現代フランス : 政治と宗教のいま

伊達聖伸著

(岩波新書, 新赤版 1710)

岩波書店, 2018.3

タイトル読み

ライシテ カラ ヨム ゲンダイ フランス : セイジ ト シュウキョウ ノ イマ

大学図書館所蔵 件 / 456

注記

参考文献: p231-240

内容説明・目次

内容説明

数々のテロ事件を受け、フランスはいま、政治と宗教、共生と分断のはざまで揺れている。国内第二の宗教であるイスラームとの関係をめぐり、二〇一七年大統領選挙の主要争点ともなったライシテとは何か。憲法一条が謳う「ライックな(教育などが宗教から独立している、非宗教的な、世俗の)共和国」は何を擁護しうるのか。

目次

  • 序章 共生と分断のはざまのライシテ(揺れる共和国—テロ事件と大統領選挙から;なぜ、いまライシテなのか)
  • 第1章 ライシテとは厳格な政教分離のことなのか(分離から承認へ;右傾化と治安の重視;同性婚反対運動とカトリック ほか)
  • 第2章 宗教的マイノリティは迫害の憂き目に遭うのか(シャルリ・エブド事件からヴォルテールの『寛容論』へ;カラス事件とプロテスタント;ドレフェス事件とユダヤ人 ほか)
  • 第3章 ライシテとイスラームは相容れないのか(ヴェールを被る理由、被らない理由;フェミニズムとポストコロニアリズム;「原理主義」と括られる潮流 ほか)
  • 終章 ライシテは「フランス的例外」なのか(ライシテを「脱フランス化」する;日本のライシテ)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ