書誌事項

五日市憲法

新井勝紘著

(岩波新書, 新赤版 1716)

岩波書店, 2018.4

タイトル読み

イツカイチ ケンポウ

大学図書館所蔵 件 / 447

注記

参考文献: p193-195

内容説明・目次

内容説明

一九六八年、東京都西多摩郡五日市町。この地に「開かずの蔵」と呼ばれる旧家の土蔵があった。そこで偶然見つかった紙綴りが、ひとりの学生を歴史家に変える。紙背から伝わる、自由民権の息吹と民主主義への熱き思い。起草者「千葉卓三郎」とは何者なのか?明治に生まれた民衆憲法の水脈をさぐる。

目次

  • 第1章 「開かずの蔵」からの発見
  • 第2章 五日市憲法とは何か
  • 第3章 憲法の時代
  • 第4章 千葉卓三郎 探索の旅へ
  • 第5章 自由権下不羈郡浩然ノ気村貴重番智—千葉卓三郎の生涯
  • 終章 五日市憲法のその後

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ