原民喜 : 死と愛と孤独の肖像

書誌事項

原民喜 : 死と愛と孤独の肖像

梯久美子著

(岩波新書, 新赤版 1727)

岩波書店, 2018.7

タイトル読み

ハラ タミキ : シ ト アイ ト コドク ノ ショウゾウ

大学図書館所蔵 件 / 433

注記

主要参考文献: p257-259

原民喜略年譜: p260-270

内容説明・目次

内容説明

『夏の花』で知られる作家・詩人、原民喜(一九〇五‐五一)。死の想念にとらわれた幼少年期。妻の愛情に包まれて暮らした青年期。被爆を経て孤独の中で作品を紡ぎ、年少の友人・遠藤周作が「何てきれいなんだ」と表した、その死—。生き難さを抱え、傷ついてもなお純粋さをつらぬいた稀有な生涯を描く。

目次

  • 1 死の章(怯える子供;父の死;楓の樹 ほか)
  • 2 愛の章(文学とデカダンス;左翼運動と挫折;結婚という幸福)
  • 3 孤独の章(被爆;「夏の花」;東京にて ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB26481594
  • ISBN
    • 9784004317272
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 275p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ