異端の時代 : 正統のかたちを求めて

書誌事項

異端の時代 : 正統のかたちを求めて

森本あんり著

(岩波新書, 新赤版 1732)

岩波書店, 2018.8

タイトル別名

権威の蝕 : 正統の復権は可能か

タイトル読み

イタン ノ ジダイ : セイトウ ノ カタチ オ モトメテ

大学図書館所蔵 件 / 453

注記

朝日新聞出版発行『小説トリッパー』(2016年春号から2017年冬号まで全8回) に連載した「権威の蝕 : 正統の復権は可能か」に大幅な改筆を加えたもの

引用文献/参考文献: p241-249

内容説明・目次

内容説明

世界に蔓延するポピュリズム。はたしてそれは民主主義の異端なのか?古代中世の神学史、丸山眞男らの議論を手がかりに、宗教・政治・文化に通底する「異端発生のメカニズム」を解明し、混迷する時代の深層に迫る。著者が十年来抱えたテーマがここに結実、「異端好みの日本人」に、現代の「正統」の所在を問いかける—

目次

  • 序章 正統の腐蝕—現代世界に共通の問いかけ
  • 第1章 「異端好み」の日本人—丸山眞男を読む
  • 第2章 正典が正統を作るのか
  • 第3章 教義が正統を定めるのか
  • 第4章 聖職者たちが正統を担うのか
  • 第5章 異端の分類学—発生のメカニズムを追う
  • 第6章 異端の熱力学—中世神学を手がかりに
  • 第7章 形なきものに形を与える—正統の輪郭
  • 第8章 退屈な組織と煌めく個人—精神史の伏流
  • 終章 今日の正統と異端のかたち

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ