初期仏教 : ブッダの思想をたどる

書誌事項

初期仏教 : ブッダの思想をたどる

馬場紀寿著

(岩波新書, 新赤版 1735)

岩波書店, 2018.8

タイトル読み

ショキ ブッキョウ : ブッダ ノ シソウ オ タドル

大学図書館所蔵 件 / 438

注記

引用経典対照表: 巻末p1-3

主要参考文献: 巻末p4-10

付記律蔵の仏伝的記述にあるブッダの教え: 巻末p11-12

図版出典一覧: 巻末p13

内容説明・目次

内容説明

二五〇〇年前、「目覚めた者」が説いたのは、「自己」と「生」を根本から問い直し、それを通してあるべき社会を構想する教えだった。その思想は、なぜ古代インドに生まれたのか。現存資料を手がかりに、口頭伝承された「ブッダの教え」にまで遡ることは可能か。最新の研究成果によって、“はじまりの仏教”を旅する。

目次

  • 第1章 仏教の誕生
  • 第2章 初期仏典のなりたち
  • 第3章 ブッダの思想をたどる
  • 第4章 贈与と自律
  • 第5章 苦と渇望の知
  • 第6章 再生なき生を生きる

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB26654499
  • ISBN
    • 9784004317357
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xi, 221, 13p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ