書誌事項

レバノンから来た能楽師の妻

梅若マドレーヌ [著] ; 竹内要江訳

(岩波新書, 新赤版 1818)

岩波書店, 2019.12

タイトル読み

レバノン カラ キタ ノウガクシ ノ ツマ

大学図書館所蔵 件 / 428

内容説明・目次

内容説明

祖国の内戦を逃れ来日した女子高校生が若き能楽師と出会う。結婚しコンピュータ・サイエンス研究の道を捨て、伝統芸能の世界に入る彼女を待ち受けていた試練とは。能の魅力を妻兼マネージャーとして国内外に発信し再び世界を駆け巡り、子育てや母を呼び寄せての介護に奔走する。自分の道を切り拓いたある女性の記録。

目次

  • プロローグ—この世界の片隅で
  • 第1章 レバノンとの別れ
  • 第2章 能との出会い
  • 第3章 梅若家の子育て
  • 第4章 能と世界をつなぐ
  • エピローグ—レバノンと日本で母と共に暮らす

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB29402470
  • ISBN
    • 9784004318187
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xii, 205, 3p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ