藤原定家 : 『明月記』の世界

書誌事項

藤原定家 : 『明月記』の世界

村井康彦著

(岩波新書, 新赤版 1851)

岩波書店, 2020.10

タイトル別名

藤原定家明月記の世界

藤原定家 : 明月記の世界

タイトル読み

フジワラ テイカ : 『メイゲツキ』ノ セカイ

大学図書館所蔵 件 / 410

注記

基本史料・参考文献: p251-253

『明月記』年表: 巻末p1-3

内容説明・目次

内容説明

『新古今和歌集』や『小倉百人一首』の撰者として知られる稀代の歌人は、どんな日常を送っていたのか。生涯にわたって綴られた日記を縦横に読み解くことで、宮仕えの心労と愉しみ、後鳥羽院との関係、家と家族への思いなど、等身大の定家を浮かびあがらせ、「武士の時代」の到来によって変貌をとげる宮延社会を活写する。

目次

  • 第1章 五条京極邸
  • 第2章 政変の前後
  • 第3章 新古今への道
  • 第4章 定家の姉妹
  • 第5章 除目の哀歓
  • 第6章 定家の家族
  • 第7章 「紅旗征戎非吾事」
  • 第8章 庄園と知行国
  • 第9章 子供たちの時代
  • 第10章 嵯峨の日々

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC03234312
  • ISBN
    • 9784004318514
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 259, 6p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ