書誌事項

一揆

勝俣鎮夫著

(岩波新書, 黄-194)

岩波書店, 1982.6

タイトル読み

イッキ

大学図書館所蔵 件 / 339

注記

主な参考文献: p199-200

内容説明・目次

内容説明

日本の中世は一揆の時代といわれる。この時期、あらゆる階層や地域に、共通の目的達成の手段として一揆が結ばれた。これら一揆とよばれる特異な集団は、どのような論理で結ばれ、支えられていたのか。一揆内部の作法や参加者の意識に光を当て、日本社会を深層から規定する集団形成のあり方を明らかにする。

目次

  • 1 一揆とは何か
  • 2 共同の世界
  • 3 変身と変相
  • 4 変革の思想

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN00634118
  • ISBN
    • 4004201942
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 200p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ