書誌事項

密教

松長有慶著

(岩波新書, 新赤版 179)

岩波書店, 1991.7

タイトル読み

ミッキョウ

大学図書館所蔵 件 / 393

内容説明・目次

内容説明

自己の発見としての厳しい行、多くの人を限りなく魅了する曼荼羅。密教は、日本文化にも多大な影響を与えてきた。密教研究の第一人者で、チベット、ネパール、インド、パキスタンなどへ密教の源流をもとめて調査を重ねてきた著者が、密教の歴史、思想、実践、シンボリズム等をやさしく語り、その現代における意味を問う。

目次

  • 1 ヒマラヤを越えて—密教の歴史的な流れ
  • 2 人間と宇宙—密教の思想
  • 3 自己の発見—密教の実践
  • 4 感覚で捉える—密教のシンボリズム
  • 5 個から全体へ—密教の社会性

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN06519440
  • ISBN
    • 4004301793
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 236, 8p, 図版[4]p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ